不眠は別の意味が原因ということも

別の意味で枕を買い換える必要がある

理想的な枕を見つければ快適な睡眠で毎日が楽しくなるかもしれないとする、オーダーメイドでわざわざ購入したとしたらそれに見合うだけの睡眠が取れないと納得出来ないもの。ただ枕を変えれば必ずしも不眠が解消されるわけではない、というのを改めて認識してもらいたい。体調不良の改善への糸口になるのは確かだ、適切ではない枕を使用していると現れる症状としては『うつ病』が代表的だという。もちろん重度のものではなく、朝起きた時に感じる頭痛や憂鬱感、さらには首や肩といった部位の倦怠感や痛みといった部分が寝起きの際に伴えばそれはうつ病の現れという。

そう言われるとそうなのかもしれないと思ってしまうが、こうした点ならまだ枕を直せば改善もそう遠くはない。ただ枕を変えても慢性的に睡眠障害が発症し続けているのであれば、もしかしたら精神的に病んでいるかもしれないため、また別の意味で病院と赴かなければならない。

心の病が発症しているかもしれない不眠症だが、枕が合っていないと診断される人は何も不眠に悩まされている人ばかりではない。中には別の意味で枕を変える選択を取らないといけない人もいるので、その点についても少し話をしていこう。

首の病気に悩まされている人は特に交換を

自分にとって適切ではない枕を使用し続けていると発生する障害として肩こりなどの具体的な慢性疲労に悩まされる人が続出するだろう。そうした人たちは枕が合わないための、首の疲労からくる疲れが原因となっている。肩こりや四十肩といった症状に悩まされている人も、根本的な問題が枕にあるかも知れないと疑った方がいいと言われている。もちろん首に生じた具体的な症状がひどければきちんと整形外科などに訪れてリハビリなどをすれば改善もできるが、自宅でもできるのは枕を自分にあったものに変えるという点だ。

首のコリが少しでも軽減させるためにも枕を見なおしてみる、というのを医師からも勧められているためどうしても気になる人は一度相談してみるといいだろう。

こんな症状の人にも

また枕を改善することで解消されるかもしれない症状の1つとして『頭痛』も、その1つとなっている。起床する際に頭痛がする人は使用している枕が適切ではない兆候の表れであり、改善した方がいいサインと言われている。もちろんすべての人ではないが、そうでない人は脳に関連する病気を発症している可能性が出てきしてしまうため、別の意味で危険が迫っている。

世の中には困ったほどに、偏頭痛に悩まされている人が沢山いるが、その大半の人が実際には偏頭痛ではなく筋肉の緊張からくる痛みというのだ。その痛みが来る原因も日常的なデスクワークによって引き起こされているのだが、その疲れを取るためにも枕が自分に合っていなければならない。だがその疲労が取れず、自分に合わない枕を使用し続けていると症状が悪化してしまい、日常生活にも支障をきたしかねない状態になってしまう。

そのためどうしても改善されない場合は整形外科などに訪れて診断してもらい、脳の病気ではないという確証が取れたら次に筋肉疲労による頭痛の可能性を疑った方がいい。医師からアドバイスされていないのにそれでいいのか、と言われるだろうがその医師から適切なアドバイスが受けられない場合もある。言い方は悪いが、医師の中にも高慢ちきな人間がおり、ろくに診断もしないで病気を見逃すような不当な輩もいるくらいだ。また病人であることを足元に見て問題ないの一辺倒で通そうとするものもいるため、あらゆる可能性を探って見るためにまずは病気かもしれないという不安要素を取り除くためにも、診断してもらうのは有効な手段となる。

筋肉疲労を解消するため

自分に適した枕を見つけるというのは、現代ならではの慢性的な病を解消するためでもある。睡眠時に自分の高さにあった枕を使用していれば、ある程度は一晩で回復できる。老化による年齢差などもあるが、寝ている時間が推奨されている理想睡眠時間であれば問題ない。睡眠は長さではなく質が重要だ、後者が優れているのなら例え時間が少し足りなくても驚くような爽快感を起きるときに感じられる。その際は寝ている時、首に余計な負担が掛からずに熟睡できたということにになり、それを毎日継続していけば肩こりや頭痛といった病気もできる上、規則正しい生活への近道となるかもしれない。

ここで述べた事はあくまで1つの説だ。もしかしたら本当に重い病気にかかっているかもしれないので、慢性的な睡眠不足や頭痛に悩まされているなら、まずは専門家に相談してから対策を練ってもらいたい。

自分にあった枕を見つけて、快眠しよう!