寒いから厚着するは、就寝時はNG

枕が原因じゃない例として

枕もそうだが、そもそも睡眠不足を引き起こしているのが枕ではない場合ももちろんある。精神的な部分で負担を感じるのであったり、生活リズムが昼夜逆転しているといったことであれば、当然規則正しい生活をするにも軌道修正を要する。枕を変えても治らなかったという人は無論別の原因が存在していることになるわけだ。

枕が原因ではないのに睡眠不足になってしまう、なんて悩んでいる人は少し考えて欲しいのが『寝間着』についてだ。夏場はともかく、冬場がどうしても睡眠不足になりがちだと、不眠気味になってしまうという人に多い傾向として、寝ている時の格好があれやこれやと防寒対策を『し過ぎている』のが原因だったりする。この話は直接枕にどうこうというものでもないが、不眠で悩んでいると枕だけに注力して原因が見つけられないといった場面に遭遇することもあるかも知れない。

なのでここからは少し閑話休題として、枕が合わなくて不眠症になっていると思っている人がどうしても治らない時、就寝時に着込んでいる服装を改善すれば治るかもしれないという点について考察していこう。

寒いからって着こまない

冬になるととにかく上に羽織っておけば防寒対策になると単純明快な理屈で納得している人もいるだろう、別に間違った理屈ではないが少し考えてもらいたい。人間は便利なもので、自分の体温を自動的に調節してくれる汗をかくことで下げてくれる機能を持っている。その機能は着込んでいると体温が適温とされるものより上がれば上がるほど汗が噴出する、汗が出れば当然暑いと感じるためいずれは脱ぐと思う。

ではこれが寝間着としてそのままの格好でネタとしよう、色々な実験内容によると寝ている時にやる人はネックウォーマーにニット帽、手袋に足袋、さらには湯たんぽといったものを就寝時に欠かさないという。例えば筆者が誰かに実験としてやれと言われた場合、酷いことになるのでまず断るだろう。そもそも寝るときにこんな着こむ必要性が何処にあるのかと思ったのが最初の感想だ、寒いのは重々理解できる、それでもやり過ぎだと思ってしまう。

そもそも寝ている時の格好は統計的にあまり着こまないほうがいいと言われているのだ。汗をかくというのもそうだが、完全な密閉とまではいかないものの布団のような閉じられた空間にいれば必然と体温によって、布団の内部は体温により適温化される。筆者は暑がりなのでなるべく薄着で寝こむようにしているが、時に真冬の物凄く寒い夜に寝ている時に扱ったのか、布団を剥いで翌朝目が覚めたという事がある。色々と突っ込みどころ満載な状況だが、それくらい布団内部の気温は籠っているために上がりやすくなっている。

寝る瞬間は寒いから着込んでいるのかもしれないが、そのままの格好で朝まで寝ないようにして欲しいと専門家は語っている。

自分から睡眠の質を落としている

布団を羽織っているだけで十分保温機能を有しているにもかかわらず、外付けHDDのように人間USBメモリとばかりに衣類を着込んで完全防御状態を決め込んでいる人は、今すぐ最低限の身ぐるみだけになっての就寝にするように心がけて欲しい。寒いからというのは理由にはならず、この場合で言うなら適していない枕と同様で睡眠の質が褒められた状態ではない。自分に合わない枕を利用していると同様に睡眠が上手に取れないのもあるが、寒いからとあれやこれやと着ているから大丈夫という問題ではない。

枕の場合は色々試してみないとわからない部分もあるが、着込みすぎて不眠症になってしまう人はすぐにでも脱ぎ捨てよう。

自分にあった枕を見つけて、快眠しよう!