熟睡と枕

質の良い睡眠をとるために必要なこと

枕の存在がいかに重要だというのが世間で知られるようになってからというのを調べてみると、実はそんなに時間が経過していないことを知ることになる。筆者としても低反発まくらの存在を知るまでは、枕という寝具がどれほど睡眠において鍵となる存在なのか知る由もなく生活をしていた。単純に規則正しい生活を過ごしていないという問題点もあるのだろうが、枕などどんなものでも使っていればそれでいいと見られていたのだけは、間違いない。軽視されていた枕を重要視することで、それまで不眠に悩まされていた人たちにとってある意味解放されたと思うと同時に、それまで自分たちが対策として行ってきたことの無意味さを思い知らされる瞬間にもなるかもしれない。懸命に心療内科へ通って治療を行っていた人にしてみれば、こんな単純なことに気づかなかったなんて、と思うはず。

ただ枕が重要だというのはどうして判明したのか、という事実背景も気になるところ。一方的に枕を改善すれば不眠の症状が落ち着くと言われて納得する、というのも少し簡単に考え過ぎなのかもしれない。なので、ここでは枕が不眠解消を握る鍵だと言われるようになったメカニズムと、それに関連する人の歴史を紐解いてみる。

歩行と枕の関係

枕の高さが重要という点が持たれるようになったのは、人間というものが二足歩行する技術を手に入れた時から始まる。原人に話が遡ることになるが、立ち上がって歩くという手段を手に入れるまでにはかなりの時間を要することになる。二足歩行するまで原人たちは動物と同じように四足歩行をする生き物だったが、その後二本足で立ち上がるためにはどうしても姿勢の問題があった。人間に限ったわけではないが、生物には体内に内包されている重要器官たる内臓などを孕んでおり、それらは想像出来ないほどの重量を有している。今でこそ人間の体を形成している内蔵がどんな種類があるのか、図面などで紹介されていても正直、それらがどれだけ肉体に負担をかけているのか意識して生活している人はいないと思う。

四足歩行の原人たちは内蔵もそうだが、特に重みのあった頭部をどうしたら支えられるのかと、障害が立ちふさがることとなる。重い頭をどう耐えなければならなかったのか、その手段として考えたのが、体をS字カーブを描くような姿勢だった。これにより重さが一点に集中することなく分散して、二足歩行できるくらいに軽減されたのだった。そこからは人が二足歩行をする生き物としての史実が展開されるわけだが、この姿勢が睡眠時においても鍵となっている。

横になっているからといっても重みが解消されることはない、だからこそ頭部の重みを支える枕が必要となっている。研究されていたわけでなくても、頭の重みを支えるために枕は古代から貴族や武士を中心に利用されていた歴史があるため、原理は知らずとも枕がない状態では寝られないことは当時の人々も体験していたことの証明だ。そして人は寝ている時でも姿勢良く寝なければならない、その理想的な枕と体の形が立っている時と同じS字を描けるような、枕の高さがベストとなっている。その時枕の弾力性なども相まって、その人自身の高さにあった枕を利用していれば睡眠で困ることは殆どなくなると言われている。

高さがあう枕

ただこの枕の高さが自分に適しているものを見つけるまでがかなり難航する事となる。一般的に言われている低反発まくらは確かに有効だ、ただ使い続けていれば高さが一定の一まで保てなくなってしまうのもまた道理。そのため適度に枕も買いなおさなくてはならない点があるからこそ、オーダーメイドしてまで購入する人がいる。オーダーメイド店では店舗にもよるが、高さが歪になった枕を半永久的に修復してくれるサービスを実施しているため、長く使い続けていける自分だけの枕というものを手に入れられる。

一般的には20,000円以上にもなるためお世辞にも安いとはいえないが、快適な睡眠を毎日送れるのなら安い買い物といえる。寝ないと人は1日の行動をまともに運行できない、健康的な人でもそうなのにこれが慢性的な不眠症の人にもなれば、その辛さがなんとなくではあるが実感できる。

枕を見直すというのはこうした背景があるからこその原理であり、理由となっている。たださすがにこんな理由が眠っているのを知っている人はそれほど多くはない。現在では枕を変えれば睡眠不足が解消されるとの一辺倒で話が通用してしまうが、どうしてなのかと調べてみると納得できるだけの理由と研究が行われてきたのを知ることができる。

自分にあった枕を見つけて、快眠しよう!